毎日FXで生計を立てている退職おやじ 基本的にデイトレードをやっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本経済の底打ちの強さを見る上で注目されていた日銀短観は
総じて事前の市場のイメージとかい離はなく、取引材料にはな
りにくかった。株式市場では短観をきっかけに上昇シナリオを
期待する参加者もいたが、この日はむしろ、為替市場で進んだ
円安や中国の経済指標が好感された。やはり日経平均で1万円
の水準では国内の事業法人からの売り圧力が高まるという。

 <見方割れる海外勢のスタンス>

 株式市場では日経平均が小幅続伸。前日の米国株安を受けて
主力株に売りが先行したものの、先物にまとまった買いが入った
ことをきっかけに下げ渋った。「円安方向に進んだ為替をにらみ
ながら短期筋が買いを入れたようだ。現物市場の商いは乏しく、
日経平均1万円前後では国内法人等の戻り売りも多い。上値には
圧迫感がある」(大手証券エクイティ部)との声が出ている。

 寄り前に発表された6月日銀短観は、大企業製造業・業況判断
指数(DI)が市場予想を下回ったが、特段の悪材料にはならな
かった。三菱UFJ投信戦略運用部副部長の宮崎高志氏は「もと
もとそれほど強い景気回復ではないとみていたので違和感はない。
緩やかながらもモメンタムは依然として景気回復方向にあり、財
政支出効果などで今後のマクロ指標は改善を示す傾向が強くなる」
と指摘。「シクリカルな景気回復傾向が強くなる場面では、世界
の景気敏感株的な位置付けの日本株を放置しておくことはできな
い。アジア株の中での出遅れ感もある」とし、今後は海外投資家
の買いが期待できるとみている。

 こうした中、中国への期待感が相場を下支えた、との声も聞か
れた。日本時間の午前に発表された6月の中国の購買担当者指数
(PMI)は53.2となり、5月の53.1から上昇した。
景気判断の分かれ目である50を4カ月連続で上回った。

                   東京 1日 ロイターより



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。