毎日FXで生計を立てている退職おやじ 基本的にデイトレードをやっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXで稼いで自由な時間を得たいみなさまへ

gajiのデイトレード手法を差しあげます。

私はFXでここ3年間、この手法で勝ってます。



この手法は、

何としてもFXで勝ちたい。

将来FXで生活できるようになりたい。

空き時間で小遣い稼ぎをしたい。

 という方に向いております。

この手法を手に入れて私と同じ『勝ち組』になりませんか?



『gajiのデイトレード手法』の取得方法は、



こちらフォーム
よりお問い合わせください。



※必ず 

・お名前 

・メールアドレス

・何かひとことをお願いします。




お問い合せいただきメール受信後は、

こちらからメールを差し上げます。



掲載先に当手法に関するお問い合わせはお控えください。



またこのブログが提供する手法は「利益を保障するもの」

ではありません。

投資の最終判断は自己責任でお願い致します。

《内容》

☆勝率は、75%以上です。

☆私が実際にやっている手法です。

☆短い時間軸でのデイトレードです。

☆初心者の方でも簡単に取り組めます。





スポンサーサイト
ドルJPY=は82.50円付近、ユーロ/円EURJPY=は119.75円付近。ユーロ/ドルは1.4516ドル付近。
きょうの予想レンジはドル/円が82.20―83.00円、ユーロ/円が119.10─120.40円。
ユーロ/ドルが1.4450―1.4570ドル。

為替市場は、株高、金や原油などの商品高を背景に、リスクオンの地合いが広がっているが、前日のユーロ、
豪ドルなどの上昇が急ピッチだったことで、「きょうは高金利通貨がいったん調整する可能性もある。
ドル/円は82円台が心地よい水準で、83円台は定着しにくい」(外為アナリスト)という。 

前日の海外市場では、ドルが主要通貨や新興国通貨に対して幅広く売られた。ドルは、米長期金利の上げ
幅縮小を背景に下げ幅を拡大し、82.25円付近まで売り込まれた。ただ、その後は米3月中古住宅
販売件数の好結果を材料にドル売りが緩和し、82円半ばまで小幅に反発した。





1日の東京市場では、個別材料が出た株式が買われ、日経平均.N225
はプラス圏で推移しているものの、全般的に上値は重い。外為市場
で円高圧力がかかっているためで、海外投資家のフローも売り買い
が拮抗している。チリ大地震の悪影響は今のところ目立たず、金融
市場は引き続き、ソブリン・リスクの波及度合いをにらみながらの
展開になっている。

「不透明感」が市場を席巻、英ポンド危機の話も

外為市場では、主要通貨の荒い値動きが続いている。英ポンド/ドル
GBP=D4がアジア時間早朝の取引で9カ月ぶり安値を更新する一方、ユ
ーロ/ドルEUR=は9カ月ぶり安値から切り返した水準ながら上値の重
い展開。ドル/円JPY=も1カ月ぶり安値圏でもみあいが続いた。これ
まで外為市場では、世界的に株価が上昇すればドルや円などの低金利
通貨が下落するという「投資家のリスク選好姿勢」が値動きを左右し
てきたが、「ギリシャ問題や米国の出口論、米金融規制など様々な話
が飛び交い、通貨によって強弱がばらつき始めた」(都銀のチーフデ
ィーラー)という。
東京 1日 ロイターより

現在の円安の背景として、菅財務相のきのうからの発言が話題に
なっているが、これは結果論。円安の本質は海外機関投資家の円
売りだ。日米金利差をベースとした円売りの流れができていたな
かで菅財務相の発言が出たことで、結果的に財務相発言を受けた
動きのように受け止められた。

為替のトレンドは財務相発言で変えることはできない。フローが
円買いであったとしたら、財務相発言の市場への影響は非常に限
られただろう。介入を示唆すれば、逆に市場は介入を催促しにゆ
く可能性もある。

為替の説明変数として現在有効なのは日米金利差で、海外機関投
資家はすでにこれに沿って動き始めている。ポジション上から円
売りが可能なこと、我々の試算では円が10%程度過大評価され
ていること、さらに出口を模索し始めている米国に対して展望の
開けない日本という景気への期待感の差から、機関投資家の円売
りは続くだろう。

きのうは菅財務相が為替の水準や方向に踏み込んだが、これは異
例だ。デフレ宣言後の対策として通貨安政策を取るとしても、
為替は相手のある話。まず、ガイトナー米財務長官との話し合い
が必要だ。米国にはインフレ懸念があり日本にはデフレ対応が必
要とすれば、利害一致による円安政策はありうるが、そこまで調
整しているようにはみえない。 (東京 8日 ロイターより)



序盤のニューヨーク外国為替市場はドルが軟調。

アジア市場では上昇していたが、今後数カ月のドル

の方向性に影響を及ぼす可能性がある米経済指標の

発表を前に、このところ上昇していたドルの利益を

確定する動きが見られる。

今週は8日に発表される12月米雇用統計が注目されている。

アナリストは、好調なユーロ圏の製造業データがユーロを

下支えしていると指摘。また、原油をはじめとする商品

(コモディティ)価格の上昇を背景に、豪ドルやカナダドルが

連れ高になっていると述べた。ニューヨーク ロイターより



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。